<< 父のせいでチョコが…。 今月2回目の川之江 >>

ウラニーノライヴ

2010年12月5日(日)058.gif

b0071407_20414336.jpg
7月の150人入らなければメンバー演奏によるカラオケ大会
何とか150人入り成功したので今回は「ありがとう高知!大感謝祭!」としての
ワンマンライヴ。

ライヴの開始時間は16時とかなり早め。
というのも今回は感謝祭という事で第1部と第2部に分かれてる為。

まず第一部はファンリクエストの上位曲を演奏。
ピストン大橋による前説はAKB48の「ポニーテールとシュシュ」(笑)。

そして1曲目は「終着駅」から始まった。
昨日埼玉を出て高知には夜中に着いたけど、普通だったらライヴハウスに行くと
「久しぶりー!」とか言われるけど、今年は高知に5回も来てるせいかほとんど
地元バンド扱いだったとか(笑)。
ウラニーノの地元の埼玉でも3回しかやってないそうで…(笑)。

山岸君「曲が終わった後「ありがとう」って言ってみたい」と言うのでえっ?と
思ったらいつも「ありがとうございました」というからだとか。
なんか折角来てくれてるお客さんに対して失礼だと思うそうで、
なんて真面目で律儀な…。
そういえばいつも「ありがとうございました」「楽しめてますか?」と丁寧に言ってる。(^^;

第1部は1時間半ぐらいで13曲演奏。
10分休憩後第2部が始まった。

始めはピストン大橋による前説メドレー。
B’zで始まったんだけど段取りを間違ったのか再びやり直し。f(^^;)
最後の大塚愛の「さくらんぼ」では『もう1回!』が何度もあって息切れ気味(笑)。

2時間目は教員免許を持っているメンバーによる公開模擬授業。
最初は山岸君による音楽の授業。

b0071407_20561337.jpg
ウラニーノの「前進するビート」を皆でハモッてみよう!!という事で楽譜のプリントが配られた。
山岸君はメガネにスーツとかなりレアな格好(笑)。
ピストンが学生服を着て生徒役(笑)。
3つのパートをそれぞれ簡単に練習し、皆で歌ってみる。

続いては小倉君による美術の授業。
ピストンはここでも学生服のまま(笑)。

b0071407_2059497.jpg
「エンジョイデッサン」という事でホワイトボードでデッサンの仕方を
ピストンの顔をモデルにして説明しながら描いていく。
さすが、上手い!

続いてはメンバーが楽器のパートを変えての演奏。
山岸君がドラム、ピストンがギター、小倉君がベース。
バンド名は「はりまやチェリーボーイズ」。(^-^;A
まずは小倉君ボーカルによる「少年と僕」。
そしてピストンボーカルによる「ぼくが野球部をやめる理由」。
正直かなり演奏には違和感あった(笑)。

次はボツ曲の演奏。
作ったもののボツになりお蔵入りになった2曲、
タイトルは確か「地下鉄の女学生」と「500円のクリスマス」だったかな。
「地下鉄の女学生」は「続・やぶ医者とわたし」みたいな曲があるぐらいだから
別にありだと思うんだけど…(笑)。

で、今回の目玉?ピストン作詞作曲、ボーカルの曲でタイトルは「ラブホは満室」
(正式なタイトルは「Love forgot,Man seeds you」)(笑)。
普通の歌の部分はピストンが作ったけどそれではお客さんが楽しめないという事で
語りの部分は山岸君と小倉君が考えたとか。ノンフィクションらしいけど(笑)。

最後はピストンと観るウラニーノライヴ!(笑)
なんとピストンが客席からお客さんと一緒にウラニーノのライヴを観るという
ありえない企画(笑)。
ピストンハイテンションで「歌って」と書いたボードを掲げたりして盛り上げる(笑)。
なんともやりにくそうな山岸君。夢に出そうだって言ってた(笑)。

アンコールもピストンは客席からお客さんと一緒に観てた(笑)。
3時間半の長いライヴだったけど、全然長く感じさせないめちゃめちゃ楽しいライヴだった♪
(第2部は写真撮影OKというので写真撮ったけど残念ながらネット上の掲載はNGとの事)

b0071407_21183629.jpg
ライヴが終わり帰ろうとしたら出口の所にこの絵が!(^ ^)

URANINO ウラニーノホームページ
http://www.uranino.com/

★よかったらポチッとクリックして下さいね!→人気blogランキングへ
[PR]
by soraneko45 | 2010-12-05 21:21 | 音楽
<< 父のせいでチョコが…。 今月2回目の川之江 >>