<< 短い夏休みも終わり いよいよ明日は東京! >>

razz.ライヴ

2006年8月20日(日)曇り

約1年半ぶりの東京。
暑いの苦手な私は絶対夏の東京は嫌やー!と行かなかったけど、
razz.ワンマンライヴの為なら…と思い切って行く事に。

予定より10分遅れて飛行機は飛び立ち、お昼過ぎに東京に着いた。
幸い少し曇ってて思ったほど暑くない。
昨年は赤坂(阿久さんソロライヴ)で、一昨年は下北沢(カスタライヴ)
だったから渋谷は久しぶり。

渋谷のホテルに着く直前に一瞬パラパラと雨が!
すぐにホテルに入りチェックインし、コンビニで買ったおにぎりを食べ、
ほとんど休む間もなくライヴ会場へ。

道玄坂の坂を上がっていった所にライヴハウスDUOがあるんだけど、
周りはラブホだらけ!
というかラブホ街にライヴハウスがある感じ。(;^-^A

 ラブホだらけの怪しい坂(笑)↓               ライヴハウスDUO↓b0071407_638292.jpgb0071407_18395290.jpg












  ライヴハウス前ポスター貼ってる↓               razz.ポスター↓
b0071407_193449.jpgb0071407_1935667.jpg











このライヴハウスの斜め前にはO-WESTというライヴハウスが
あって、凄い行列。誰のライヴだろう…?
(ちなみにDUOの隣にはライヴハウスO-EASTがある)

開場時間が近づくと段々人が集まりだし、見た事ある人もいるけど、
そうでない方がかなりいる…。
何か新鮮というか、昔のRAZZ MA TAZZ時代のファンだった人達も
来てるのかな?

PM2:30になり昼の部 「Sunlight」~太陽に近づく時間編~
の開場。
中に入るとイスがあり、席は自由なので私は横山さんの正面7列目ぐらいに
座った。
PM3:00開演。横山さん観るのは2年ぶりぐらいかも?
横山さんが楽しそうにギターを弾いてるのを観るとこっちも
嬉しくなってくる。(^ ^)

これはツアーじゃないから曲のネタばれしてもいいかな?
なんと1曲目はRAZZ MA TAZZのデビュー曲で私の日記の
タイトルでもある“Private Eyes”!
ほとんどの人がイスがあるにも関わらず最初から立ってた。

他にも懐かしいRAZZ MA TAZZやrazz.の曲を織り交ぜつつ、
阿久さんは横山さんに前髪がお公家さんみたいだとか言われながらも(笑)、
楽しいライヴが続き、アンコールの“紙ヒコーキ”では、
紙ヒコーキが飛び交った。
まるでRAZZ MA TAZZの頃のライヴを観るみたいでタイムスリップした
ようだった…。

PM4:30頃、昼の部が終わり、一旦外に出て、今度は夜の部を
待つ事に。
PM5:30に夜の部「moonlight」~月にキスする夜編~が開場。
今度は阿久さんの正面6列目ぐらいに座った。
PM6:00過ぎに開演。
1曲目はこれまた懐かしいRAZZ MA TAZZの“Nudeの途中で…”で
バイオリンの演奏と共にしっとりと始まった。
夜の部は昼の部と違い、ずっとイスに座って落ち着いて聴く感じの
曲が多く、razz.の曲は勿論、あのRAZZ MA TAZZの名曲“白い夜”や
アンコールでは“MESSAGE~遠い君に贈る歌~”まで
歌ってくれた。

阿久さん、横山さんにも言われてたけど、昼と夜、30曲ちょっと歌ったけど
声がしっかり出てて安定している。
プロだから当たり前だろうけど、やっぱり凄い!
このままこの時間が終わってほしくない気がした。
それぐらい素敵な時間を過ごせた。

PM7:40ぐらいにライヴが終わり、出待ちをする事に。
会場前にいると警備員さんに離れるように言われ、ファンの皆さんは
道路向かいのコンビニ前へ。
暫くして横山さんが出てきて、その後30分ぐらい経ってやっと阿久さんが
出てきてタクシーに乗った。
ちゃんとタクシーの窓を開けてファンの方に手を振ってくれたけど、
それを見た私は何か皇族の人みたい…と思ってしまった(笑)。

でも、今日のライヴは本当に東京まで来ても観た甲斐があったと
思うぐらい良いライヴだった。
高知とは言わないけど(^^;、せめて大阪ワンマンやってほしいなー。

★よかったらポチッとクリックして下さいね!→人気blogランキングへ
[PR]
by soraneko45 | 2006-08-20 23:30 | 音楽
<< 短い夏休みも終わり いよいよ明日は東京! >>