<< ガリガリ…っとおびさんマルシェ 最後の日 >>

不惑の誕生日

2008年11月8日(土)

ついに誕生日。今日で私が生まれて14610日目。
友達のMちゃんから花束とお菓子をもらった。ありがとう!
b0071407_19453291.jpg

夕方、父が「グドラックが土佐ジローと四万十鶏のなんとかってやりゆうき食べに行こうか」
と言うので私が誕生日という事もあり母と3人で食事に行った。
3人とも“四万十鶏の油淋鶏(ユーリンチー)”を注文。
普段小食の私にとってはさすがにこの量はお腹いっぱいになった。(^^;
b0071407_1951540.jpg

先日mixiニュースでこんなのがあった。

“アラフォー”が独身でいる理由と相手に求める年収

バブル経済(1985年~1991年)のときに、10代の終わりから20代前半を過ごした
40歳前後の“アラウンド40”(アラフォー)。就職時には“新人類”、30代では“負け犬”などと
呼ばれてきたが、独身男女は結婚相手探しを行っているのだろうか。

 現在、彼氏・彼女(または婚約者)が「いる」と答えた人は全体の29%(男性21%、女性37%)。
また「ぜひ(できれば)結婚したい」と考えているのは全体の56%(男性53%、女性58%)
であることが、結婚情報センターの調べで分かった。婚約者がいる7%を除いても、
2人に1人は現在の交際相手の有無に関わらず、結婚したいという考えにあるようだ。

 独身でいる理由を聞いたところ、「適当な相手にまだめぐり会わないから」が最も多く45%、
以下「独身の自由さや気楽さを失いたくないから」(25%)、「結婚後の生活全般に不安があるから」(21%)、
「結婚する必要性をまだ感じないから」(20%)と続いた。
男女別で見ると、男性は「結婚後の経済状況に不安がある」「結婚する必要をまだ感じない」
「結婚後の生活全般に不安がある」といった回答が目立ったが、
女性は「独身の自由や気楽さを失いたくない」「結婚後の生活全般に不安がある」
「結婚するには歳をとりすぎているから」が多かった。
「バブルを経験している世代ゆえのトラウマ的傾向か、もしくは世相の反映か、
男女とも独身生活を謳歌(おうか)すると同時に結婚後に不安を感じている」(結婚情報センター)

 インターネットによる調査で、35~45歳の独身男女200人(男女100人ずつ)が回答した。
調査期間は8月8日から8月11日まで。


私はまさにこのアラフォーど真ん中でしかも独身(笑)。
独身でいる理由は確かに当たってる。
私の場合一番の理由は「独身の自由さや気楽さを失いたくないから」になるかなー。f(^^;)
親に言わせれば結婚しないと人並みじゃないらしいけど。
でもそんな私でも不惑の年とはいえ、考える事もあったり。

それにしても自分がこんな歳になるなんてまだ信じられない…(笑)。

★よかったらポチッとクリックして下さいね!→人気blogランキングへ
[PR]
by soraneko45 | 2008-11-08 19:58 | 日常日記
<< ガリガリ…っとおびさんマルシェ 最後の日 >>